newsお知らせ

【ブログ】新型コロナウイルス抗体検査を試験的に実施

皆さん、こんにちは。
DDサプライ株式会社の小谷英嵩(おだにひでたか)です。
今年1月頃に中国武漢市で感染拡大が確認され、日本を含め世界中でパンデミックを引き起こしている新型コロナウイルスにより、私たちは経済、医療、社会ありとあらゆる側面で多大な影響を受けています。
そんな中、我々DDサプライ株式会社は、新型コロナウイルスに対する特効薬の開発事業に乗り出し、開発パートナーの

オーダーメードメディカルリサーチ株式会社(OMR社)

と共にいち早くこの問題解決に貢献できるように、今年の2月から動き始めました。
そして、今月1日(土)と4日(火)、四ツ谷六番町にあるオフィスにて、本事業の一環である新型コロナウイルスの抗体検査を試験的に実施いたしました。
弊社とOMR社とが共同研究を進めている本抗体検査は、今回で6回目の実施となります。今月実施した検査では、128名の方が検査協力に参加してくださり、これまでに合計362名の方に検査のご協力を頂きました。

↓↓↓会場内の三密を避けるために、来場数と予約状況を確認する運営スタッフ。

※都内での感染拡大やクラスター(集団感染)発生の増加に伴い、弊社実施の抗体検査は完全予約制にして感染防止を徹底しています。

開業医のドクターにご協力いただき、1日に50名以上の方の採血を実施しており、
これまで実施した検査では、1日で最大100名の採血も行ってきました。

↓↓↓実施した抗体検査の採血はこんな感じです。

参加者の皆さんから採血した血液は、番号を振った試験管に移して研究所に運ばれます。

そして、研究所にて抗体の有無を調べる精密検査を行い、約1週間後前後で協力者の皆様に結果が送られます。

抗体検査とは?

新型コロナウイルスに感染すると、体内の免疫機構が働き、新型コロナウイルスに対する抗体がつくられて血液中に流れるようになります。
そこで、血液中に新型コロナウイルスに対する抗体があるかどうかを調べ、新型コロナウイルスにこれまでに感染した経歴があるのかどうかを抗体検査では判別することができます。
現在、いくつかのクリニックで抗体検査を受けることができるようになってきています。
(我々が実施している抗体検査も近日中にはクリニックで受けられるようにしていく予定です。)
抗体検査の受診料の相場は、おおよそ6000円~10000円の間になっています。

PCR検査との違いは?

一方で、PCR検査というのがニュースでは多く取り上げられ、毎日のように感染者数の発表をしています。
このPCR検査では、唾液や鼻の粘膜に付着している新型コロナウイルスそのものを綿棒などでぬぐい取り、そのウイルス量を計測することで現時点でのウイルス感染をしているかどうかを調べることができます。
PCR検査についても、受けられるクリニックや病院は増えてきているようです。
PCR検査の受診料の相場は、38,000円~40,000円(無症状で検査を受ける場合)のようです。
ただし、症状がありコロナウイルスに罹った疑いがあると判断された場合は、保険適用となる病院も増えてきているようです。

抗体検査は、血液の中の抗体を調べる。→過去に感染したことかどうかと今後の感染のしにくさなどが分かる。相場6,000円~10,000円。

PCR検査は、口や鼻の中のウイルス量を調べる。→現在感染しているかがわかる。相場38,000円~40,000円(無症状の場合)。罹患した疑いがあると判断された場合は保険適用あり。

抗体検査・PCR検査、どっちを受けたほうが良いの?

さて、多くの方からは、よくこのご質問を頂くことが多いです。
結論から言うと、「場合による。」が回答になります。

すでに、発熱や咳、一般的な風邪の症状に加えて、味覚障害や嗅覚障害など、新型コロナウイルス特有の症状がみられる方については、すぐに病院に行き医者の判断を聞いたほうがよいです。この場合は、PCR検査を受けることになります。

実は、抗体というのは感染が確認できておよそ11日前後で値が増えていくといわれています。
よって、症状がみられる場合にはPCR検査を受けて、重症化に備えて医者の判断を仰いだほうが良いです。

あくまでも、抗体は過去の感染と今後の感染のしにくさなどを判断するのが目的になります。

今は、何の症状もないけど、これまでに感染したことがあるのかどうか、また今後どれぐらいの感染リスクが自分にあるのかどうかを知りたいという方は、抗体検査を受けていただくのが良いです。

目的に合わせて、抗体検査やPCR検査を受けていくことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました!
これからも、ブログやお知らせを配信していきますので、乞うご期待ください!

DDサプライ株式会社について
2017年設立、環境問題に着目したビジネスからスタート。2020年に新規事業として、新型コロナウイルスの抗体薬開発を進めているエコ&バイオメディカルベンチャー。

株式会社オーダーメードメディカルリサーチについて
東京理科大学村上康文教授が立ち上げ、革新的抗体作製技術LIMAXYS法を確立。今まで作製困難であった膜タンパク質抗体作製を可能とした抗体医薬ベンチャー。

https://www.omr.co.jp/